ダイバージェンスの基本知識

ダイバージェンスとは、ローソク足が上昇している・・・つまり上昇トレンドにあるのにRSIなどのオシレーター系の指標が下がっている状態のことを言います。

ローソク足や移動平均線などだけを見ていると上昇トレンドに見える場合でも、実はオシレーター系の指標が下がっていると徐々に勢いが低下していることを示唆しているということです。

ダイバージェンスは、日本語では「逆行現象」という意味があります。
そのため、売りか買いかを判断する材料になるのですが、ダイバージェンスで下がると判断して売りでエントリーしても、実際は思ったほど下がらずに負けてしまうことがあります。

このことを「だまし」と言います。

ダイバージェンスが発生した時は、上昇するのか下降するのかをしっかり見極めることが重要です。

ダイバージェンスの種類

ダイバージェンスにはいくつかの種類があります。
よく知られているものをご紹介します。

ヒドゥン・ダイバージェンス

チャート(ローソク足や移動平均線)は上昇トレンドなのに、オシレーター系は下降傾向を示すものを指します。
上昇トレンドの場合、谷底の線を結び、下降トレンドの場合は山の線を結びます。

レギュラー・ダイバージェンス

チャートの上昇トレンドでは山の頂点を結び、下降トレンドでは谷底を結んで、オシレーター系はその逆を示す場合を言います。
レギュラー・ダイバージェンスが発生した時は、相場の勢いが弱くなっていると判断できます。

ダイバージェンスには他にもいくつもの種類があり、調べると奥が深いと感じます。

ただ、わかったことはチャートだけを見てエントリータイミングを判断してはいけないということ、そして、ダイバージェンスが発生しているからと言って、その後の傾向を安易に判断してはいけないということです。

つまり、チャートは上昇しているがオシレーター系は下降を示している=勢いがないと判断して売りに入ってしまうと、探すと思っていたのに下がり切らずに上昇を続ける=「だまし」になることがあるからです。

エントリータイミングはチャートだけでなく、オシレーター系をはじめ複数の材料で総合的に判断すべきということですね。

なかなか難しいですが、何度もデモトレードを繰り返して身体で覚えていくことをしたいです。

おすすめの記事